Mokuren

モクレン

2013年3月コンビ結成。主に都内のお笑いライブを中心に活動している。ともに日本笑い学会の会員であり、数少ない青年層の代表として奮闘している。

お笑いライブのネタやMCの出演だけでなく、企業や子どもを対象にしたワークショップを行ったり、学校や大学にて漫才やコントの披露をしたり、各種イベントにて講演を行ったりするなど、幅広い活躍を見せている。

2014年11月、矢島を代表として個人事業FUNBESTを設立。定期的にインプロのワークショップ、インプロショーの公演、単独ライブの開催を行っている。

≪FUNBESTの歩み≫

―2014年―
・11月
FUNBEST設立。矢島を代表とし、野村真之介とともに、所属芸人「モクレン」のみの活動が始まる。
青山学院大学・立教大学にてインプロのゲスト講師として参加。
「モクレンのインプロコントショー」を開始(~2015年7月終了)

・12月
モクレン初となる単独公演「ノータンの冒険」を開催。100名を動員。

―2015年―
・1月
「神楽まつりin江平熊野神社」(宮崎県)にて45分のインプロショーを披露。

・3月
モクレン2度目の単独公演「青春コンプレックス」を開催。120名を動員。

・5月
某大手企業1社のメンターフォロー研修に講師として参加。

・6月
ダイヤモンド社監修「研修開発ラボ」に講師として参加。
モクレン3度目の単独公演「FUN is BEST !!」を開催。150名を動員。
若手芸人有志による即興コント集団「芸人インプロ部」を旗揚げ。

・7月
日本笑い学会関東支部第225回研究会にて120分の講演を行う。

・8月
日本笑い学会第22回大会にてモクレンとして学会発表に参加。

・9月
モクレン4度目の単独公演「ノーマーク」を開催。200名を動員。

・10月
某大手企業2社のメンターフォロー研修に講師として参加。
創価大学にてゲスト講師として参加(「教育学特講D」90分)。

・11月
東京学芸大学にて講演(学生団体Leorise)。
日本即興コメディ協会が設立。矢島・野村ともに副代表となる。
「ユーモア・スキル養成講座」体験会が開始される。
日本ことわざ文化学会第6回大会にて学会発表。
ダイヤモンド社監修「研修開発ラボ」にてインプロショーを披露。
カタリバ大学イノベーション学科のトークイベントにゲスト講師として出演。

・12月
文京区青少年プラザ(b-lab/ビーラボ)にて、自習応援イベントのゲストとして出演。
東京大学(日本教育研究イノベーションセンター)運営「未来を育てるマナビラボ~ひとはもともとアクティブラーナー!~」の「マナビの笑劇場」にて、モクレンのコント動画が定期配信スタート。
モクレン5度目の単独公演「スナワッチとカナデール」を開催。160名を動員。1回目より延べ750名の動員を達成。
「ワラインプロワークショップ」の2016年以降の毎月開催が決定。