FUNBEST 2016年1月17日「ワラインプロワークショップvol.3」が大成功で終了! | FUNBEST


Report

活動報告

2016年1月17日「ワラインプロワークショップvol.3」が大成功で終了!

  • 2016年1月17日
写真 2016-01-17 14 03 22

2016年1月17日、3331Arts Chiyodaにて「ワラインプロワークショップvol.3」が開催され、多くの参加者がいらっしゃり、無事に大成功で終えることができました。

今回はゲストに、ロビンソンズの北澤仁さんと、ザ・ギースの高佐一慈(くにやす)さんをお迎えしました!

我々もファシリテーターとして、1部・2部通してあっという間の6時間でした。参加されている皆様にとっても、あっという間に感じるほどの楽しい時間だと嬉しいです(笑)

なお、本日行ったワークの内容については、ホワイトボードの板書の様子を撮影しましたので、ここで共有させていただきます!(矢島自筆によるものです。乱筆ご容赦ください…)

今回、我々にとっても挑戦が多かったワークショップとなりました。特に2部では「即興ソング」のワークに初めて挑戦しました。最初はうまくいくか不安でしたが、参加者の皆様の高い意識と能力に助けられ、大変に盛り上がりました!

また、今回、1部・2部を通して、なんと7名の方が見学にいらっしゃいました!見学される皆様も真剣そのもの。一生懸命にメモを取られている方も多く見られました。次回はもしかしたら、参加者としていらっしゃるかもしれません…楽しみです!

我々がワラインプロワークショップを通して、参加者様にお伝えしたいことは山ほどあります。ただ、感じ方は人それぞれですし、持ち帰られたい情報も個々で違います。

そのうえで、我々がワークショップをやる上でもっとも大切にしているのは、「感じ方は参加者様にお任せして、我々は全力でワラインプロの楽しさを伝える」ということです。

まずはワラインプロの世界を体感し、コミュニケーションの場において、場づくり(雰囲気づくり)がいかに大切かということ、失敗をポジティブに捉えることがどれほど難しいことかを感じていただきたいのです。

私たちが伝えられることは、インプロと笑いのプロフェッショナルとしての「楽しく活気ある雰囲気づくり」と「誰もがポジティブに失敗できる安全な場づくり」の提供であると考えています。

それを通じて、あるいはビジネスに、あるいは教育にどのように活用するかは、参加される方々のイマジネーションにかかっているのではないかと思います。

少々無責任な書き方かもしれませんが、インプロと笑いを教えるものにとって、我々なりの誠実な姿勢であるとご理解いただければ幸いです。今後も皆様にとって、よりよい学びの場を提供できるよう、全力を尽くしてまいります!

次回は2月21日(日)、1部(10:30~13:30)・2部(14:30~17:30)で同会場にて行います。
皆様のご来場、お待ち申し上げております!(#^.^#)

申込はこちら
URL→https://senseiportal.com/events/35266

写真 2016-01-17 17 46 59

写真 2016-01-18 0 44 35

写真 2016-01-18 0 44 42