FUNBEST 2016年3月29日「モクレン矢島第1回ソロインプロ公演『そろそろ』」が無事に終了! | FUNBEST


Report

活動報告

2016年3月29日「モクレン矢島第1回ソロインプロ公演『そろそろ』」が無事に終了!

  • 2016年3月29日
image

2016年3月29日、高円寺HACOにて、モクレン矢島第1回ソロインプロ公演「そろそろ」が行われました!

私自身、「自分の限界を知る」「やりたいことをやる」ということをテーマに、全力でインプロをやらせていただきました。

上手くいったもの、いかなかったもの、それら全てが、自分自身が過去最高に本気でぶつかれたインプロだったような気がしました。

その模様を温かく見守ってくださったお客様お一人おひとりに、最大の感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

私は常に、「○○のようになりたい」と誰かへ憧れを持って生きてきました。もちろん、インプロについても「○○がやったインプロのシーンみたく、俺もやりたいなぁー」と思ったことは何度もありました。

しかし、今回の公演で感じたことは、「僕ができるインプロをやろう」ということと、「たとえそれが、これまでのインプロの定義や常識と違っていても、新しい見せ方、エンターテイメントのあり方を自分が創っていくんだ」との思いで、自分が思う最高の即興パフォーマンスを深めていこう、ということでした。

日本即興コメディ協会の副代表にさせていただき、なんとなく、「これまでのインプロの概念を踏まえて、何かやらなきゃ」という気持ちがありました。しかし、もっも「矢島流」にインプロを解釈し、それを独自の即興コメディとして確立していくことも必要なんだと感じました。

僕の代わりはいませんし、当然僕が誰かの代わりになることもできません。そういう思いで、これからも様々な方にアドバイスをいただきながら、「モクレン矢島ソロインプロ公演」を続けていきたいと思います。

本日、親子連れのお客様がいらっしゃいまして、そのお子さんに「次回も決まったらぜひ見に来てね!」と言った時の「待ってます!」という一言に、正直な話、涙が出そうになりました。

「待ってます!」と言ってくださるお客様が1人でもいる限り、自分自身がその期待に応えるために、一生懸命努力していこうと決意しました。これからも精進してまいります!

※写真を撮り忘れたので、ライブ終了後に焼き鳥を食べてくつろいでいる、日本即興コメディ協会の横内浩樹代表の姿をあげておきます。