Report

活動報告

2016年5月31日「ユーモア・スキル養成講座」第2回が墨田区・みどりコミュニティセンターで開催!

  • 2016年5月31日
写真 2016-06-01 15 03 11

2016年5月31日、みどりコミュニティーセンターにて、「ユーモア・スキル養成講座」第2回が行われました。

この講座は、みどりコミュニティセンター様にご協力いただき、矢島の地元・墨田区の皆様に、自分ができることをさせて頂きたい、という思いから実現したものです。

第2回目となる今回は、「ユーモア・スキル」の「表現力」をテーマに、以下の流れでワークを行いました。

・前回のおさらい
1.ユーモアを「感じ取る能力」が研ぎ澄まされることで、日常から笑いを感じやすくなり、人生が豊かになる。
2.「ユーモア・スキル」はユーモアを感じ取り伝える能力のことであり、表現力・創造的思考力・コーピング力・論理構成力の4領域で構成される。

・今日のテーマ 「表現力」をみがく
1.相手をよく見る
→「拍手回し」「わたし、あなた」「見えない玉のキャッチボール」
2. 表現することに慣れる(自分の殻を破る)
→「いいね!」「最高の観客」
3. 頭をやわらかくする
→オリジナルの「創作漢字」を創ってみよう。
4.創作することに慣れる
→「ダジャレ・謎かけに挑戦」
◎ダジャレの作り方→とにかく「勇気」を出す
◎謎かけの作り方→①「 A 」とかけて「 B 」ととく。その心は、どちらも「 C 」でしょう。
※先に「 C 」を決めれば、すぐに作れる。

今回の講座で、人生で初めて「ダジャレを言った」や「謎かけを作った!」という方が多くいらっしゃいました。

人は、「評価される」ことが気になると、どうしてもアイデアを出すことや表現をすることが億劫になってしまいます。しかし、「こんなこと言ったら面白くないと思われるんじゃないかな?」と思っているのは自分だけだったりすることが多く、勇気を出して発表したときに、周りは期待以上の反応をしてくれることがほとんどです。

「未来に対してのよくない予想」を描いているうちは、表現することは難しくなってしまいます。「評価されること」を恐れないことこそ、「表現することに慣れる」ための第一歩であると考えます。今回は、そのような思いが伝わった講座だったのではないかと思っています。

講座も残り4回。参加者の皆さまと一緒に、最後まで楽しんで進めてまいります!

※この講座は事前予約制でございますので、途中参加等はできませんの。あらかじめご了承ください。