Report

活動報告

2016年7月25日「漫才・コント教室」を墨田区立立花吾嬬の森小学校のサマースクールで開催!

  • 2016年7月25日
ファイル 2016-01-05 16 23 56

2016年7月25日、墨田区立立花吾嬬の森小学校のサマースクールにて「漫才・コント教室」(45分)を行いました。

これは、墨田区の学校支援ネットワークと提携して頂戴した依頼であり、サマースクールの一環として開催したものです。

サマースクールでは、小学校4~6年生の希望者約20名が参加しており、みんな元気いっぱいに「漫才・コント教室」を受けてくれました。

最初にモクレンの自己紹介とネタ披露を行い、たくさん笑ってもらった後に、質問タイムを取りました。「なんでお笑いをやろうと思ったんですか?」や「ギャラはいくらぐらいですか?」などなど、小学生たちも「お笑い芸人」という職業に興味津々だったようです。

後半は全員で、インプロ・ゲーム「アイアムアツリー」を少しアレンジしたものを行いました。小学生ならではの発想がとても面白く、大変に盛り上がりました。

最後に、ゲームを振り返って「人を笑わせるときの7つのルール」を確認しました。

≪人を笑わせるときの7つのルール≫
1.人の気持ちを考えよう!
2.しつこくしないようにしよう!
3.空気を読もう!
4.「自分」ではなく「相手」のために笑わせるようにしよう!
5.相手から「いやだ」と言われたことはやらないようにしよう!
6.笑ってくれる人に感謝しよう!
7.笑わせてくれる人に感謝しよう!

個人的には、「ふざけることと笑わせることの違い」を、子どもたちに明確に示せたことが良かったかと思います。このようなことを、芸人と研究者の立場から示していくことが、これからの学校教育で重要なのだと感じました。

これからも、「ユーモア教育」のために全国の学校を回りたいと考えています。この記事をお読みになった教育関係者の方がいらっしゃれば、ぜひお問い合わせ頂ければと思います。