FUNBEST 2017年1月12日〜2月23日「さくらカレッジ1月講座『面白い人になろう!お笑い表現基礎講座』」(全4回)が終了! | FUNBEST


Report

活動報告

2017年1月12日〜2月23日「さくらカレッジ1月講座『面白い人になろう!お笑い表現基礎講座』」(全4回)が終了!

  • 2017年2月23日
写真 2016-02-01 21 54 34

2017年1月12日から2月23日にかけて、すみだ生涯学習センター(ユートリヤ)にて、さくらカレッジ1月講座「面白い人になろう!お笑い表現基礎講座」(全4回)が行われました。

この講座は、すみだ学習ガーデン様のご支援により実現したもので、開かれた学びの場として、老若男女問わず多くの方が受講できるものを開催しました。

受講者は、30代の主婦の方から80代の方までと大変に幅が広く、様々なお話や意見も伺えて、私自身が勉強になりました。

講座は4回シリーズで行われ、前半はコミュニケーションゲームを中心に、後半は漫才のネタ作り・ネタ見せ・ライブ形式の漫才披露を実践しました。

人生で初めて漫才をされる方がほとんどで、不安な面もあむたかと思いますが、ネタの作り方やアイデアの広げ方、表現方法の基礎(立ち振る舞い・声の出し方など)にむいてアドバイスをしていくにつれ、各コンビが次第にネタを作れるようになり、最終的には、全組が個性的で面白い漫才を披露してくださいました。

「自分たちが作ったネタなんて、面白いんでしょうか」「ちゃんとウケるかなぁ」と不安そうにしていた受講者も、ネタ見せで他の人がたくさん笑っていることに驚いていたようで、回を重ねるにつれ、表現することへよ自信がついてきていたように思います。

そのためには、笑いやすい雰囲気作りと、見る側の受け止め方(批判的な目線で見ない)も重要なのですが、やはり、ネタを披露する側がウケる・スベるということに一喜一憂せず、堂々と舞台にいることが、観客を引きつけ、ネタを見る姿勢にさせるのだと感じました。

3月26日(日)には、受講者の有志による発表会が行われます。私も当日は総評する立場として登壇するとともに、司会とネタをさせていただきます。

舞台に立ち、多くの人にネタを見てもらうという経験は、何にも得がたい学びになると確信しています。私も受講者とともに、全力で発表会に臨んでまいります。