FUNBEST 2017年3月26日「さくらカレッジ講座発表会」で講座の生徒さんと漫才! | FUNBEST


Report

活動報告

2017年3月26日「さくらカレッジ講座発表会」で講座の生徒さんと漫才!

  • 2017年3月26日
C70_dxXVQAACuSN

2017年3月26日、すみだ生涯学習センター(ユートリヤ)にて、さくらカレッジ講座発表会が行われました。

私は1月から2月にかけて、さくらカレッジさんの協力の下、一般の方を対象に「面白い人になろう!お笑い表現基礎講座」を開催していました。

今回は、それを受講された生徒さん有志による漫才の発表会を行いました。

発表会では、女性お2人によるコンビ「メガネ女子」と、私と男性の生徒さんによるコンビ「向島ロマンチカ」の2組が、5分ずつ漫才を披露しました。

皆さん初めて人前でネタをしたとは思えないほど、堂々とネタを披露され、笑いも取っていました。

発表会の出番終了後、受講された生徒さんが、お客様から「面白かったよ!」「素晴らしかったよ!」と声をかけられてるのを見て、とてもうれしかったです!

発表を終えた生徒さんの中には、「これを機に、いろんな場所で漫才をやってみたい!」という方もいらっしゃいました。

私自身、「お笑いを誰もが簡単にできる社会」を創ることを目指していますので、その一言に感動しました。

お笑い芸人を目指さない人がいたとしても、ネタを発表する場はあってもおかしくないのに、今の日本では「お笑いを発表する場」がほとんどありません。

一般の方がプロの落語家さんから教えを受けて、「素人落語会」をやることはあっても、「素人漫才会」や「素人お笑いライブ」をやっている、というのはあまり聞いたことがありません。

お笑いは見るものかやるものかのどちらである、という閉鎖的な環境では、一向に笑いでコミュニケーションを変えることはできません。

誰もが観客と表現者を行き来し、その中で表現する大切さと、それを見る姿勢を学ばなくてはいけないのです。

今回さくらカレッジで頂戴した機会を大切に、これからも「開かれたお笑い社会」の実現を目指して、一生懸命に働いてまいります!